日経ビジネス 1999/02/22号

特集 近未来技術
ベンチャー不在で創薬出遅れ
高リスク技術の“孵化器”に活用する欧米大手

 未来技術の開発は、先の見えない段階から研究に積極的に取り組めるかどうかで決まる。だが、将来どうなるかわからない分野への投資はリスクも伴う。欧米では、リスクの高い未来技術の孵化器ふかきの役割をベンチャー企業が担う。ところが日本には研究開発型ベンチャーが育たなかった。これが先端技術の開発で欧米に差を付けられようとしている一因だ。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3166文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 創薬
update:19/09/24