日経エレクトロニクス 1999/02/22号

技術速報
米Intel社,Pentiumが650MHzで動作することを確認  950万個のトランジスタを10.17X12.2mm2に集積 

 米Intel Corp.は,出荷を間近に控えた「Pentiumプロセサ(開発コード名:Katmai)」の内部構造を明らかにした(Fischer,S.ほか,“A 600MHz IA—32 Microprocessor with Enhanced Data Streaming for Graphics and Video,”ISSCC Digest of Technical Papers,pp.98—99,Feb.,1999.)。すでに650MHzでの動作を確認したという。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:720文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
【記事に登場する企業】
米インテル社
update:19/09/26