日経エレクトロニクス 1999/02/22号

ニュース・レポート
ADSLの高速版VDSL, NECとTIが製品化
最大52Mビット/秒で家庭をつなぐ

NECと米Texas Instruments Inc.(TI社)は,既存の電話線を利用する高速データ通信方式「VDSL(very high bit—rate digital subscriber line)」用チップ・セットの共同開発と販売で提携した。 VDSLはADSL(asymmetric digital subscriber line)の高速版である。伝送距離を300m程度に抑えれば,最大データ伝送速度を52Mビット/秒に高められる(図1)。(29〜30ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2104文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(有線ブロードバンド) > xDSL接続サービス
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ > xDSL接続サービス
【記事に登場する企業】
NEC
NTT
米テキサス・インスツルメンツ社
update:18/08/07