日経エレクトロニクス 1999/02/22号

ニュース・レポート
ソニー,秘密鍵を格納した 指紋照合装置を開発
厚さ7mm,重さ32gで携帯性を高める

ソニーは,公開鍵暗号方式に使う秘密鍵を格納した指紋照合装置を開発した。指紋の照合用データや秘密鍵の漏えいを防ぐことがねらい。携帯性を高めるため,厚さ7mmのカード状にした。 ソニーは1997年から指紋照合装置を製品化している。読み取った指紋から特徴を抽出し,ネットワークを通じて外部のデータベースに格納したデータと照合する,一般的な装置である。(33〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1999文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > ユーザー認証・電子署名技術
【記事に登場する企業】
ソニー
update:18/08/07