日経エレクトロニクス 1999/02/22号

書評 暗号 「Cracking DES」
書評
暗号技術がおかれた政治的状況を 具現化した1冊

 本書は技術書でありながら,政治的な意図が強く込められた本である。その意図とは,従来,米国政府が安全であると主張してきた標準暗号DES(Data Encryption Standard)が,現在の技術レベルの下でいかに脆弱であるかを白日の下にさらすことである。 背景には,次のような著者ら注)の主張が秘められている。(144〜145ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2508文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 情報暗号化技術・製品*
update:19/09/26