日経エレクトロニクス 1999/02/22号

技術速報
PCIバスの最新仕様2.2版が固まる,活線挿抜の機能に対応 クロック周波数を制御する電源管理機能も追加

 パソコンやワークステーション用入出力バスであるPCI(Peripheral Component Interconnect)の最新仕様2.2版が確定した。1995年以来の規格改訂ということになる。既存の仕様2.1版との違いは,電源を入れた状態で拡張ボードを抜き差しする,いわゆる活線挿抜の機能(PCI Hot—Plug機能と呼ぶ)を備えている点である。3種類の活線挿抜のモードを定義した。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:666文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:18/08/07