日経エレクトロニクス 1999/02/22号

技術速報
青学大と横浜ゴム,76GHz帯ミリ波向け吸収体を開発, ガード・レールなどに張ることで車載レーダの誤認を防止

 青山学院大学理工学部 橋本修教授と横浜ゴムの研究グループは共同で,76GHz〜77GHz帯のミリ波を吸収するウレタンゴム・シートを開発した。このシートに76GHz帯域のミリ波が入射すると吸収され,1/100程度まで減衰する。10GHz程度までの電波を吸収する材料は実用化されているが,30GHz以上のミリ波を吸収できる材料はなかったという。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:644文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
青山学院
横浜ゴム
update:19/09/26