日経ビジネス 1999/03/15号

有訓無訓 コラム
町工場の夢が日本をよみがえらす
小関  智弘[旋盤工・作家]

 東京・大田区の町工場で旋盤工をしながら小説や随筆などを発表し続けてきて、これまでに10冊以上の書籍を上梓しました。旋盤工になったのは18歳のときですから、もう50年近く町工場で働いていることになります。 ご承知でしょうが、いま町工場が置かれた状況はとても深刻です。仕事が減り、加工賃が下がり、いつまで耐えればこのひどい状況が好転してくれるのかもみえません。(3ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1315文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 製造機械・工具
update:19/09/24