日経ビジネス 1999/03/15号

トレンド 経営再建
 ジリ貧松竹、邦画縮小も生き残り策見えず 洋画重視へ大幅転換…東宝や外資に興行力で大きく劣る

 「男はつらいよ」「釣りバカ日誌」などの人気シリーズで知られる松竹が、邦画(日本映画)の制作を大幅縮小し、洋画(外国映画)の上映に重きを置く興行会社に様変わりする。 松竹、東宝、東映の映画大手3社は、邦画だけを上映する邦画専門映画館を常に約100館確保し、年間の配給作品とその上映期間をあらかじめ決めておく「ブロックブッキング」と呼ばれる方式で、年間約12作品の…(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1542文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
松竹
東映
東宝
update:19/09/24