日経ビジネス 1999/03/15号

トレンド インタビュー
再燃する日米貿易摩擦、USTR次席代表に聞く 遅い日本の規制緩和、米で保護主義台頭も

 日本から米国への鉄鋼輸出が不当廉売(ダンピング)提訴されるなど、日米の通商摩擦が再燃している。5月の小渕恵三首相の訪米を前に、米国の苛立ちは高まる一方だ。市場開放の要求を続ける米通商代表部(USTR)のリチャード・フィッシャー次席代表に、米政府の意図を聞いた。 問 3月1、2日に開かれた日米規制緩和協議をどう総括しているか。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:801文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米通商代表部
update:19/09/24