日経ビジネス 1999/03/15号

トレンド 景気読み筋
店頭株急騰が示す「株式復権」の予兆
ソシエテ・ジェネラル証券東京支店調査部長 木村  喜由

 投資関係の教科書を見れば、金利が下がるほど株価は上がると書いてある。ところが、1991年11月以降の日本市場では、金利が下がるほど株価が下がるという不思議な関係が続いている。特にその関係が明瞭なのが過去3年間の店頭株式市場である。グラフは日経店頭平均と国債指標銘柄利回りのチャートを重ねたもの。同業種の2銘柄の株価推移を並べたと勘違いしてしまうだろう。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1425文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ソシエテ・ジェネラル証券
update:19/09/24