日経ビジネス 1999/03/15号

第2特集 ドル暴落
誰も言わない「ドル暴落」
ユーロへの資金移動、米国株価下落… 1ドル100円超の円高で輸出大打撃も

 ドルは「裸の王様」だ。ドルに資金が集中し、ドルの為替相場が高めに推移してきたことは、決して米国経済の実力に基づいているわけではない。巨額の経常赤字、歴史的な貯蓄率の低さなどの上に築かれた、砂上の楼閣なのだ。 多くの人がそれを知っているが、米国経済の好調さで米国が王様ということになっている。しかし誰かが「王様は裸だ」と叫ぶと一気にそれが広まる。(36〜38ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4047文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 為替
update:19/09/24