日経ビジネス 1999/03/15号

第2特集 ドル暴落
経営者が語る危機回避策
ドル安対策 財務体質強化と過剰設備解消を

 米国の株式市場はバブルといってよいだろう。平均株価9000ドルの水準を維持するのは無理。自壊するのは時間の問題と見ている。米国経済が好調とはいっても、ハイテク産業が株価を支えている面がある。米国の化学業界では、すでに昨年の第4四半期に大幅な減収を記録している。米企業全体の収益力の向上は頭打ち傾向にある。年内にも株価は下落するのではないか。(42ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1795文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 為替
update:19/09/24