日経ビジネス 1999/03/15号

経営戦略 販売店改革
トヨタ自動車
店舗、商品、売り方を刷新  「ネッツ」で若者客獲得狙う

 高級住宅の立ち並ぶ東京・世田谷区若林の幹線道路沿いに今年1月、外壁を白色と青色で塗った倉庫のような建物が現れた。1998年8月にトヨタ自動車の販売店チェーン「オート」が衣替えして発足した「ネッツ」のモデル店「ハブポート若林」だ。販売会社、ネッツトヨタ東京(東京・新宿区)が運営している。(46〜50ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5848文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ・販売体制
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
update:19/09/24