日経情報ストラテジー 1999/05号

特集2
リテラシー教育 提言

 個々人が必要なリテラシー教育を、自分の都合に合わせて受講できる環境を作る—。これまでの画一的な「集合教育」中心の体制を見直し、個人の属性に応じた「ワン・トゥー・ワン型」の教育環境の整備を、いま多くの企業が急いでいる。 こうした改革は、一般企業はもちろんリテラシーが高いと思われているコンピュータ関連企業でも焦眉の急となっている。(42〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6962文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2(38〜41ページ掲載)
間違いだらけの リテラシー教育
特集2(42〜48ページ掲載)
リテラシー教育 提言
関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
日本ユニシス
update:19/09/24