日経情報ストラテジー 1999/05号

File
2001年からバーコード体系が変更 既存コードやPOSレジに影響なし

 通産省の外郭団体である流通システム開発センター(本部東京)は、2001年1月から加工食品や日用雑貨などの商品をPOS(販売時点情報管理)レジで認識する際に広く利用されているバーコードのJANコード体系を変更する。 今後のEDI(電子データ交換)取引の拡大にともない、小規模な企業にもJANコードを割り当てることが予想され、現行体系ではコード不足になる恐れが出てきたため。(156〜157ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3080文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > 企業向け情報機器 > POS端末
【記事に登場する企業】
流通システム開発センター
update:18/08/07