日経情報ストラテジー 1999/05号

File
銀行各社がインストア・ブランチ拡大 TV会議など利用して省力化

 銀行が流通業と提携し、スーパーなどの店内へ支店や出張所を設置する動きが急速に広がっている。こうした支店や出張所はインストア・ブランチ(店舗内店舗)と呼ばれ、国内金融機関にとって新しいチャネルとして注目を集めている。集客面で有利なうえ、顧客が日常的に来店する場所であるため囲い込みにもつながるなど、多くのメリットがあるためだ。(158〜159ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3395文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > その他(金融・保険)
情報システム > 情報共有システム > テレビ会議・パソコン会議*
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > テレビ会議・パソコン会議*
update:19/09/24