日経情報ストラテジー 1999/05号

躍進企業
外食のSCMで先頭走る
独自の低コスト策が20%成長の源泉

 平成不況の中、年率20%で急成長しているイタリアン・レストランがある。首都圏を中心に約200店舗をチェーン展開するサイゼリヤだ。 98年8月期の売上高は238億7000万円、経常利益は25億7100万円と過去2年間は前年度比20%以上の成長を続けている。店舗数も過去5年間で2倍に増えた。今期も50店舗の出店を予定するなど積極的に規模拡大を図っている。(176〜181ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6825文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)*
【記事に登場する企業】
サイゼリヤ
update:19/09/24