日経情報ストラテジー 1999/05号

ベンダーの視点
WWWブラウザから使える データウエアハウスが急成長

 データベース市場は世界各国で堅調な伸びを示しているが、特に欧米企業ではWWWブラウザをクライアントにするデータウエアハウスの構築が目立ってきた。今やインターネットが企業情報システムの中核技術となっており、データウエアハウスのインターネット対応は不可欠だ。しかもデータウエアハウスの本来の目的である企業の意思決定支援といった需要も大きい。(239ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1763文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > インターネット関連ソフト
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > テキストマイニング・データウエアハウス・ビッグデータ
update:18/08/07