日経トップリーダー 1999/04号

乱にいて治を忘れず
実力主義で人材を登用
朝倉孝景

 越前国(福井県東部)の守護は足利氏一門の斯波しば氏が世襲していた。斯波氏は、細川氏および畠山氏とともに「三管領かんれい」とよばれ、足利将軍の補佐役である管領に就任できる特別の家であった。幕閣の最高実力者の家である。 斯波氏が守護となっていたのは越前国だけでなく、ほかに尾張国・遠江とおとうみ国があった。(99〜101ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4165文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
update:18/08/07