日経トップリーダー 1999/04号

核心を聞く
 四月の支店長会議は要注意 昨年は不良債権の未然防止を打ち出し融資回収に拍車
大手金融機関審査マンの本音

昨年、中小企業を窮地に追い込んだ銀行による融資回収や追加担保の強要は、昨年四月の支店長会議で、その基本方針が打ち出されていた。一連の不良債権処理策が実施された現在、銀行はどう動こうとしているのか。大手都市銀行の審査マンが内幕を明かす。 そろそろ各銀行で支店長会議が開かれ、全国の支店長が本店に集まります。(116〜117ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2657文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他(車・バイク−製造)
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > その他(金融・保険)
update:18/08/07