日経ビジネス 1999/04/05号

トレンド 子会社再建
崖っぷち西友、最後はセゾングループ頼み 銀行から2100億円の債務免除受けるも力及ばず

 西友の最大の懸案だった子会社のノンバンク、東京シティファイナンス(TCF)の再建計画が決まった。取引銀行17行が2100億円弱の債権を放棄する一方で、西友は1999年度に530億円を追加支援する。しかし西友はすでにTCF支援のためファミリーマート、インターコンチネンタルホテルズなどを売却しており、多額の売却益が出るような優良資産はほとんど残っていない。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1843文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
クレディセゾン
西友
東京シティファイナンス
ファミリーマート
update:19/09/24