日経ビジネス 1999/04/05号

連載 映像メディアの世紀
映像メディアの世紀
ビデオ・ 男たちの 産業史 第九章 生みの苦しみ4 東京三洋がVHS自社生産

家庭用ビデオの世界標準規格をめぐって、ビクターのVHSとソニーのベータマックスは激しい競争を演じた。優秀な技術者を揃えたソニーは、開発スピードと初期需要の開拓で優勢に立った。一方のビクターは、開発が遅れても互換性と長時間録画を重視する戦略に出た。(82〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6116文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ソニー
パナソニック
update:19/09/24