日経ビジネス 1999/04/26号

トレンド 申告実務
所得大減税で中小企業や税理士が悲鳴 景気対策優先とはいえ…手間とコストに「やってられない」

 サラリーマンの4月分給与から所得税など4兆円規模の減税が実施されている。しかし、中には実施方法を巡り、不満を漏らす人たちもいる。主に中小企業の給与計算を手伝う税理士たちだ。「今までで一番ややこしい」と、横浜市内のある税理士。法人税の申告時期と重なることもあり、「やってられない」と吐き捨てる税理士もいる。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:840文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
update:19/09/24