日経ビジネス 1999/04/26号

ケーススタディー
ダイエー、最後の賭け
染み付いた企業文化を否定できるか “普通の小売業”が生き残りの道

 「赤字店はどんどん閉鎖する。あなたが赤字店の店長なら、自分の手で店をつぶすボタンを押すことになる」。3月26日、ダイエーが全国の店長と部長以上の管理職500人強を集めて開いた店長会議で、鳥羽董社長は激しい口調で檄を飛ばした。 売り上げの低迷は依然深刻だ。1999年2月期決算で、ダイエーは2兆3425億円の売上高に対して営業利益が119億円。(38〜42ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7274文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
【記事に登場する企業】
ダイエー
update:19/09/24