日経ビジネス 1999/04/26号

連載 映像メディアの世紀
映像メディアの世紀
ビデオ・ 男たちの 産業史 第十章  世界規格への道 1 フィリップス攻略

VHSかベータマックスか。家庭用ビデオの世界標準規格を巡る戦いは、世界最大の米国市場で、どちらが主導権を取るかで勝負が決まる。この天王山を制したのはVHSだった。松下電器が独自に開発した4時間録画機種が大ヒットしたのである。これを境に世界各地でVHSが次第に勢いを増す。国内ではベータ陣営に属す三洋電機の関連会社である東京三洋がVHSの生産を決めた。(86〜89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6099文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
パナソニック
update:19/09/24