日経ビジネス 1999/04/26号

ビジネス・リポート
ビジネス社会に広がる全面禁煙
ついに国際線まで、世界的趨勢に 一方で顧客離れ分煙に戻す場合も

 海外出張の多い愛煙家にとって、つらい時代が到来した。この3月28日に全日本空輸が、4月1日には日本航空が国際線の全席禁煙に踏み切ったのだ(日本エアシステムは、現在国際線のみ喫煙可能で、今後は未定)。現在、両社とも、機内誌や旅行代理店などを通じて禁煙のアピールに余念がない。 国内線については、1998年9月に日航、同10月に全日空が全面禁煙を実施している。(140〜143ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5827文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > 旅客サービス
サービス・流通・生活・文化 > 健康維持・美容 > 健康維持・用品・食品
【記事に登場する企業】
ANAホールディングス
日本航空
update:19/09/24