日経トップリーダー 1999/05号

景気
下げ止まり模索する景況感 商工中金調査部——藤野 洋

 政府は三月の月例経済報告で、「景気は下げ止まりつつある」との判断を示した。 商工中金が取引先八〇〇社を対象に毎月調査している「中小企業月次景況観測」で見ると、中小企業の景況感を表す景況判断指数は、三月に四三・八となり、「好転」「悪化」の分岐点である五〇を三六カ月連続で下回った。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1169文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
商工組合中央金庫
update:18/08/07