日経トップリーダー 1999/05号

新成長企業
 「蔵出しの酒」を酒販店で量り売り 老舗の八代目が始めた地酒のFCビジネス
寿喜娘酒造

九二年一月一七日の早朝。越前和紙発祥の地として知られる福井県今立いまだて町で火災が発生した。現場は約一三〇年続く造り酒屋、寿喜すき娘むすめ酒造。幸い、仕込中の酒蔵の被害は少なかったが、敷地内にあった三田村恭造社長の自宅も含め、三分の二ほどの建物を消失した。 雪まじりの寒風が吹きすさぶ中、焼け落ちる建物を見ていた八代目当主の三田村社長はこう呟いた。(56〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3583文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
update:19/09/24