日経トップリーダー 1999/05号

経営指南
 後継者にするため息子を入社させた どのように教育すべきか?(工作機械メーカー社長)
 事業継承

 後継者教育に限らず、アタマで覚えた知識は、現場では使いものになりません。カラダで覚えてこそ、その人の血肉となるのです。だから、万能の教育法を求めることは間違っています。「やってみせること」。教育はこれに尽きます。 従業員が一〇〇人程度の会社の会長さんから相談を受けたことがあります。その方は女性で、創業者でもある先代社長の未亡人でした。(104〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1100文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 製造機械・工具
update:18/08/07