日経トップリーダー 1999/06号

会社が潰れる時
魚河岸の「ムラの掟」に背いて破滅 強引な社長復帰で墓穴を掘った海産物問屋の二代目

一度「社長失格」の烙印を押された経営者が復権を果たすのは、容易なことではない。大株主のままでいたとしても、元の会社に戻るには、社員や取引先に改めて頭を下げ、協力を求める姿勢が不可欠だ。創業者ほどのカリスマ性がない二代目はなおさらだが、老舗海産物問屋の御曹司は株主の論理を振りかざし、周囲から手痛い制裁を受けた。(64〜66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4097文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:18/08/07