日経ビジネス 1999/06/07号

新社長登場 人物
 十河 一元氏[大昭和製紙]
 「逃げない」元興銀マン、再建に手腕発揮

 「問題から逃げない努力を約束する。社員の皆さんも同じ努力を」。今年4月1日、静岡県富士市の本社で、社長就任の挨拶をこう締めくくった。 昨年5月まで常務を務めた日本興業銀行では、化学や紙パルプなど素材産業を約20年間担当。印象深い仕事の1つが、取引先だったチッソが引き起こした水俣病の問題だった。(124〜125ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1414文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
大昭和製紙
チッソ
日本興業銀行
update:19/09/24