日経ビジネス 1999/06/14号

トレンド 2000年問題
 インテルが電力、ガス、通信会社に日参!  トラブル回避へ情報開示要求、問題意識低い日本企業は渋面

 電力、ガス、水道、通信——。インテルが世界各地で社会インフラの提供会社に日参している。コンピューターが2000年を1900年と取り違えて誤作動を起こす「2000年問題」に関して、インフラ関連会社の対応が十分かどうか、把握するためだ。日本では専門の担当社員が約100のインフラ関連会社を訪れ、2000年問題への具体的対応と進捗状況を聞き取っている。(8ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1679文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > トラブル(通信・ネットワーク・放送) > 企業ネットワークのトラブル
【記事に登場する企業】
インテル
update:19/09/24