日経ビジネス 1999/06/14号

経営戦略 リストラ
松下電器産業
中国事業、追い風捉え復活 設備・販路見直しが奏功

 「苦しい時にも歯を食いしばって努力してきた成果が表れた。年内に新たに約100億円を投じ、中国の生産設備を増強する」。松下電器産業の少〓敬雄・取締役中国本部長は、自信の表情で中国事業の拡大を宣言する。 なぜ今この時期に——。そう思われても不思議はない。1990年代前半、日本企業は「21世紀の巨大市場」の開拓を狙い、こぞって中国に進出した。(54〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5904文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
パナソニック
update:19/09/24