日経ビジネス 1999/06/14号

編集長インタビュー 人物
後藤 卓也氏[花王社長]
800億円の情報事業捨て本業回帰 新製品開発しトップを走り続ける

 問 1999年3月期の決算で、連結経常利益は過去最高を記録しました。増益続きの決算を見る限り、情報製品事業から全面撤退した影響は感じられません。普通、事業から撤退すると社内が動揺することが多い。ひとつ間違うと、社内に縮小均衡という空気が漂う危険性もあったのではないですか。 答 私はほとんど影響はなかったと見ています。(74〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5482文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
花王
update:19/09/24