日経ビジネス 1999/06/21号

有訓無訓 コラム
「脅しの経営」は社員の心を蝕む
久保田  浩也[メンタルヘルス総合研究所代表]

 不況でリストラや倒産と背中合わせの日々を送っているビジネスマンの間で、うつ病や神経症など心の病が増えているとよく言われます。 しかし、私にはそうは思えません。メンタルヘルス(心の健康)について講演やコンサルティングをするため、私は多くの企業を訪問し、現場を見ています。(3ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1333文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 精神の疾患
update:19/09/24