日経ビジネス 1999/06/21号

トレンド 経営破綻
 オーナー経営の弱み露呈した東京相和銀  止められなかった暴走、受け皿銀探しの難航必至

 第2地方銀行大手、東京相和銀行が経営破綻した。同行は創業者の長田おさだ庄一会長のワンマン経営で知られるが、同じくオーナー色が強い国民銀行、幸福銀行に続く破綻劇は、トップが独断で融資を決め、結果として不良債権が積み上がるというオーナー系金融機関のマイナス面を改めて印象づけた。 同行は長田氏が敗戦直後の混乱で大儲けした資金で無尽会社を設立したのが前身。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:862文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24