日経ビジネス 1999/06/21号

ビジネス・リポート
 「連結元年」有力100社3月決算
 高ROEはアルゼ、本田  1人当たり利益で任天堂、ドコモ

 2000年3月期からの制度変更を前に、連結決算重視を打ち出す会社が増えている。日本企業が連結決算に取り組むと、経営指標はどのように変わるのだろうか。1999年3月期決算を基に、主要企業100社について調べた。国際優良銘柄のROEは連結が勝る【収益性】まず、収益性を測る株主資本利益率(ROE)を見てみよう。(37〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7402文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
任天堂
ユニバーサルエンターテインメント
update:19/09/24