日経ビジネス 1999/06/21号

トレンド 戦略提携
東レ、不振の韓国メーカーと巧みな合弁  連結決算にらみ、ポリエステルフィルムなど黒字事業のみ獲得

 東レが韓国企業に対し、巧みな救済策を打ち出した。20.2%出資している大手繊維会社、セハンと合弁会社を韓国につくり、ポリエステルフィルム事業など3事業をセハン本体から買い入れる。新会社への出資比率は東レ60%、セハン40%となり、セハン側は設備などの譲渡益から新会社への出資分を差し引いた額を負債の返済に回す。 セハンは財務体質の改善を急いでいた。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:776文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > その他(車・機械・家電・工業製品の素材・部材)
ビズボードスペシャル > 素材 > その他(車・機械・家電・工業製品の素材・部材)
【記事に登場する企業】
東レ
update:19/09/24