日経ビジネス 1999/07/26号

トレンド e革命の波 トラブル
問われるネット時代の危機管理 東芝のお粗末対応が広げた波紋の大きさとは

 個人が、インターネットという武器を手に大企業を告発するという事件が話題を呼んでいる。 福岡県在住の会社員A氏が、昨年末に購入したビデオデッキのアフターサービスを巡る東芝とのトラブルの詳細を、インターネット上のホームページに掲げたのだ。話題を集めた理由は、2月18日の電話のやりとりで東芝の担当者がA氏に浴びせた「暴言」の録音が肉声のまま公開されているため。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1608文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
【記事に登場する企業】
東芝
update:19/09/24