日経ビジネス 1999/07/26号

特集 翔け日本人
英語が話せない真の理由
読み書き重視教育が言語中枢の発達阻む

 仏ルノーとの提携により7月から英語が「社内公用語」となった日産自動車で今、英会話学校に通い出す社員が急増している。これまで英語とは縁がなかった国内営業部門までもが社員の外国語習得を全面支援している。その日の仕事が終わらなくても、残業するより語学学校に行くことが大目に見られる雰囲気さえ生まれた。ある日産社員はこう語る。(42〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3579文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
日産自動車
仏ルノー社
update:19/09/24