日経ビジネス 1999/07/26号

ケーススタディー
妥協なき攻め、ヤマト独り旅
時間指定サービスでライバル圧倒 ネット販売に照準、宅配市場を深耕

 ヤマト運輸が競合他社を突き放し始めた。1999年4〜6月の宅急便の取扱個数は前年比約107%で推移。同104%だった昨年度を上回る伸びだ。 昨年10月、ヤマトは宅急便の取扱個数が76年のサービス開始以来、初めて単月で前年割れを記録した。市場には「ヤマトの成長は踊り場に達した」との観測も出たが、前年割れはこの1カ月だけ。その後はまた盛り返した。(70〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8188文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > オンラインショップ/モール
【記事に登場する企業】
ヤマト運輸
update:19/09/24