日経ビジネス 1999/07/26号

異色企業
長野日本無線
3つの収益管理を徹底し 6000品目を効率生産

 JR長野駅から車で15分ほどのところに、徹底したコスト管理で俊敏に業務改革を続ける企業がある。 大正時代初期に創立された日本無線グループの長野日本無線がそれで、戦後の企業再建整理法により日本無線から分かれ、1949(昭和24)年に誕生した。(92〜93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2987文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
長野日本無線
日本無線
update:19/09/24