日経ビジネス 1999/07/26号

技術
紫外線防御
窓ガラス・洗剤…広がる対策  日焼け止め、見栄え重視に

 「小麦色の健康的な肌」。1980年代までは、日焼けは健康の象徴とされてきた。ところが、最近は日焼けに対するイメージが大きく変わってきた。必要以上に太陽光線を浴びると、皮膚ガンを引き起こすほか、免疫力を低下させそのほかの病気にもかかりやすくなるという研究結果も出てきたからだ。(99〜101ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4363文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > ガラス・セラミックス
ビズボードスペシャル > 素材 > ガラス・セラミックス
update:19/09/24