日経トップリーダー 1999/08号

特集 地場産業再生の方程式
官は産業育成に どこまで関与すべきか
中小企業は企業基盤が弱く、 すべてが市場原理に委ねられてしまうと成長できない。 それだけに、地場産業の育成には、行政の支援が欠かせない。 しかし、行政が主導権を握ったことで、 かえって失敗することもある。 石川県と高知県の二つのケースをもとに行政の関与を考える。

 アイ・オー・データ機器とナナオ。石川県内には、この二つの有力パソコン関連メーカーが本社を置いている。アイ・オー・データ機器はパソコンの性能を引き上げる増設用メモリーボードの最大手。一方、ナナオは欧州でトップブランドの地位を確保したパソコン用ディスプレーを主力とするメーカーだ。(26〜28ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4361文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
【記事に登場する企業】
アイ・オー・データ機器
EIZO
update:18/08/07