日経トップリーダー 1999/08号

制度・法令
緊急雇用対策の制度を活用 新分野進出の人材採用などに助成金が受けられる

 緊急雇用対策を中心とする九九年度の第一次補正予算が成立し、中高年者などを新しく雇用する事業主に助成金や奨励金を支給する制度が拡充された。技術やノウハウを持った大企業出身者などを採用したいと考えている中小企業は、制度の活用を検討してみる価値がありそうだ。 中小企業の人材確保に役立ちそうなのは、まず「人材移動特別助成金制度」(予算額一〇〇億円)。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:841文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
政治・経済・社会 > 国内経済 > 雇用
update:18/08/07