日経ビジネス 1999/08/02号

トレンド カード大戦争
マスターが突如ビザに牙をむいた理由 背景に米司法省の動き、日本勢は様子見が大勢

 クレジットカード業界で、世界を真っ二つに割る大戦争が始まろうとしている。ビザ・インターナショナルに次ぐ発行枚数第2位のマスターカードが、有利な取引条件をエサに、主要な銀行、ノンバンクの囲い込みに乗り出したのだ。米シティグループはビザ、マスターをほぼ同数発行しているが、今後はマスターに集約していくとみられる。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1752文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
オリエントコーポレーション(オリコ)
米シティグループ社
米司法省
ビザ・インターナショナル
ライフ
update:18/08/07