日経ビジネス 1999/08/02号

トレンド 規制緩和
「次は通信」財界人会議で見えた米の思惑 電子商取引では国際標準化を要求、“ビッグバン”迫る

 「『規制緩和』という言葉については、これまで日米の間で理解にかなりのギャップがあった。この1〜2年で具体的に何が期待できるのか」 AT&Tのマイケル・アームストロング会長兼最高経営責任者(CEO)は、与謝野馨通産相にこう詰め寄った。7月中旬、米国・サンフランシスコで開催された第36回・日米財界人会議の冒頭のできごとだ。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1710文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
update:18/08/07