日経ビジネス 1999/08/02号

第2特集 凋落三越の逆襲 第2章
日本の百貨店にも未来はある
ブランドショップ、高級感…独自の強み生かせ

 「ディスカウンターやアウトレットが台頭する中、もはや百貨店の存在意義は薄い」「消費者の購買行動は都心から郊外へ移った。郊外に多店舗化できない百貨店に勝ち目はない」…。 百貨店の未来に対する悲観論が数多く聞かれる。確かにここ数年の百貨店の不振は目を覆うばかりだ。(46〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3321文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
三越伊勢丹
update:18/08/07