日経ビジネス 1999/08/02号

ビジネス・リポート
焼却炉ビジネス戦国時代
ダイオキシンが引き金 新技術・勢力、寡占揺るがす

 人類が作った最も強い毒と言われるダイオキシン。この猛毒がいま、日本のゴミ行政、そして焼却炉ビジネスを大きく変えつつある。人間にとって猛毒のダイオキシンは、焼却炉業界にとっても毒なのか、はたまた蜜なのか。1兆円超える改造工事特需 焼却炉専業メーカー、タクマの業績が上向いている。地方自治体の財政難などで、前期に落ち込んだ売り上げは今期は増収に転じる。(101〜104ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6006文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
update:19/09/24